スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ところ変われば 3 

落花生といえば千葉。
もらう機会が多くよく食べるのですが、確かに美味しい。
炒ってあるものはもちろん、茹でてあるものも旨い。
 
今住んでいる地域では、節分に大豆ではなく殻付きピーナッツを撒きます。
1月下旬頃になると、鬼の面がついている落花生がお店に並ぶ。
殻付きなら撒いた後も、気にせず食べられます。
非常に合理的だと感心しました。

郷に入っては郷に従えということで、我が家でも節分には殻付きピーナッツを撒いています。

ただ、わからないことが……。
殻のなかには、たいてい2つピーナッツが入っています。
年の数だけ食べるとき、殻を1つと考えるのか、それとも中身のピーナッツで数えるのか。
どっちなのだろう。

[ 2006/11/06 16:30 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rinhokuto.blog60.fc2.com/tb.php/92-14a54519


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。