スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

返事待ち 

次作はどうなっているのかと質問されました。
先月下旬の話どおりなら、近いうちにお届けできるはずなのですが……。
担当氏の返事待ちです。

3月に渡した原稿なので、そろそろ出て欲しいところです。

[ 2006/09/20 01:29 ] 仕事 | TB(0) | CM(2)

文庫と新書

こんにちは、はじめまして。
唐突な質問で恐縮ですが(とっくの前に出た質問かもしれませんが)、北都さんとしては、ハードX系と美少女文庫系ならば、どちらが書きやすいとお思いなのでしょうか?
いえ、あまりに路線ががらっと変わったので、何か心境の変化とか合ったのかなぁ、と思いまして。
[ 2006/09/20 12:21 ] [ 編集 ]

Re:文庫と新書

かずさん
コメントありがとうございます。
いつかこの質問をされるだろうと思っていました。
ずばり直球で来ましたね。

私の場合、本編よりもプロット(執筆前のあらすじ・設定)の段階で、かなり苦しみます。
執筆に入ってしまえば、どちらが書きやすいということはありません。
ただメインの読者層が異なるので、書き分けは意識しています。

編集者は作家にあわせたアドバイスをします。
美少女文庫では、デビュー当初から担当さんに「ライトっぽくしないでください(これは私の作風にあわないので無理して書こうとするな、という担当さんの判断だと思います)」「でもライトっぽいシチュエーションは欲しい」という相反する要求をされてきたので、その境界線で非常に悩むところです。

どのレーベルになるかは編集部の判断です。
そういうわけで、とくに心境の変化があったわけではありません。
私は依頼されたものを精一杯書くだけなので。

いずれにせよ、1人でも多くの読者に抜いてもらうことが、北都凛の本分だと思っています。
[ 2006/09/20 15:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rinhokuto.blog60.fc2.com/tb.php/71-b33c66b3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。