スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Krushライト級グランプリ2009~開幕戦 Round.1~生観戦 

去る7月24日、久しぶりにキックボクシングを生観戦しました。

打ち合わせを終えて後楽園ホールへ急行。
事前に「Krush実行委員会」に電話をして、
当日券に余裕があることは確認済みです。
今回は立見券「スタンディング」を購入しました。

東西南北、すべての席に座ったことがありますが、
2階の立見席は今回が初めて。
バルコニーから見おろすと、リングが近くて感激しました。

後楽園ホール

携帯の写真では今ひとつ迫力が伝わりませんが、
期待をはるかに上まわる眺めです。
写真は試合前の後楽園ホール。

オープニングファイトの3試合で気分が盛りあがり、
いよいよトーナメントがはじまります。



まずは梶原龍児 VS ソルデティグレ・ヨースケの一戦。
梶原龍児選手の入場が最高にカッコいい。
セコンドの人が番傘をさして、フードを被った梶原選手が
シャドーをしながら入ってくる。
もうこれだけで気分は最高潮です。
試合は梶原選手がアウトボクシングからの膝蹴りで完勝でした。

竹内裕二選手、山本真弘選手、大月晴明選手も順当に勝ちあがり、
準々決勝へと駒を進めました。

この日一番盛りあがったのは、竹内裕二 VS 梶原龍児。

竹内裕二 vs 梶原龍二

3R終了寸前まで梶原選手がアウトボクシングに徹して、
細かいパンチを当て続ける。
残り時間が数秒となり、このまま逃げ切ると誰もが思ったとき、
竹内選手のパンチがヒットして梶原選手がダウン。
なんとか立ちあがったけれど、判定で竹内選手が逆転勝ち。
あれは劇的なラストでした。

2階席から見おろしていると、1階席での盛りあがりがドンッと
伝わってきて興奮が倍増です。
ただ、4時間くらい立ちっぱなしなので脚が疲れます。
でも、機会があったら、また2階の立見席で見るつもりです。

途中から山本優弥選手が2階席にやってきて観戦していたので、
帰り際に握手してもらいました。
あんなに激しいファイトをするとは思えないほど、
すごく感じがよくて爽やかな青年でした。

全試合が終わり、テンションがあがりきっていた私は、
帰り際にホールの入り口横で売っていたDVDを買ってしまいました。




[ 2009/08/03 20:45 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rinhokuto.blog60.fc2.com/tb.php/674-46dfab67


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。