スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

K-1 WORLD MAX 2006 世界王者対抗戦 テレビ観戦記 

毎年恒例のK-1ワールドMAX世界王者対抗戦。
個人的にはヘビー級よりも、MAXを楽しみにしています。
噂されていた須藤信充ですが、残念ながら今回の参戦も見送られました。
それでも興味をそそられるカードが連発です。

テレビ中継ですが、明らかに変化が見られます。
選手紹介のVTR、いわゆる「煽りV」を減らして試合をきっちり放映するスタイルに好感が持てました。


宍戸大樹にはかなり期待していましたが、勝負は一瞬のKOで決まってしまいました。
シュートボクシングの看板を意識して、あまりにも気負いすぎていたように思います。
それにしても、ブアカーオ・ポー.プラムックは強すぎる。

TATSUJIは敗れましたが、マイク・ザンビディスが苦手とする膝蹴りを効果的に使っていました。
構えもアップライトになってきて、キックの練習もかなり積んでいることがうかがえます。
このまま強くなっていけば、来年はかなり活躍しそうな予感。

前田宏行の順応性に驚かされました。
これまで国際式から転向してきた選手とは違って、蹴り技まで使っていたのだから、敗れたとはいえ今後に期待してしまいます。
とはいえキックの防御には不安が残りました。
相手がヴァージル・カラコダではなく、蹴りの得意な選手だったらローでやられていたかもしれません。

小比類巻貴之は、魔裟斗戦での意外な善戦で個人的な評価はあがっています。
アンディ・サワーには敵いませんでしたが、以前より手数は増えているかも。

あとキックファンにはお馴染みのサトルヴァシコバ選手ですが、契約体重が気になるところ。MAXだから、やはり70キロなのか? 
テレビ放送がなかったのは予想通り。サトルの左ストレートを見ることができなくて残念です。

[ 2006/09/05 00:26 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rinhokuto.blog60.fc2.com/tb.php/59-323a61c6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。