スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

凍るんです 

先日寝込んでいたときのことだ。
買い物に行った嫁が難しい顔をして帰ってきた。
駐車場に停めてあるうちの車の真ん前に動物の排泄物があったらしい。

私が住んでいるところは雪国だ。
この季節、日中氷点下という日も珍しくない。
天気のいい日は昼間の陽気で、積もった雪が半端に溶けて氷状になる。
そして日が落ちると気温が下がり、氷がさらに締まってガチガチに固まってしまう。

車の前にあるウ○チが発見されたとき、排泄物自体が自らの水分で凍ってしまった上、氷状になった雪と一体化してしまっていて処分できない状態になっていた。
アンモナイトや三葉虫の化石が、一枚岩の上に浮きでているような状態を想像していただくといいと思う。
見えているのに取って捨てることができない。
放置しておくのは気分が悪いが、どうしようもない。

それから数日。
私の具合もよくなったので、駐車場の雪かきにでた。
どっさり積もった雪をかき出していくと、例のポイントでうっすらと物体が透けて見える。
積もった雪のせいで完全に氷のなかに埋没していて、奥にのぞくその姿は永久凍土で眠る冷凍マンモスを彷彿とさせる。
もうこうなってしまっては、氷が溶けるまで待つしかない。
春近くなるまでの数ヶ月の間、どうやらこの氷の下に眠るウ○チと長い付き合いになりそうだ。

……まぁ、ものは考えようか。
新年早々「運」がついたということにしておこう。


[ 2008/01/13 00:23 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rinhokuto.blog60.fc2.com/tb.php/376-e851dc30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。