スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

007 カジノロワイヤル 

久々の映画鑑賞に行ってきました。
007シリーズというと、英国諜報部員の優男ジェームズ・ボンドが熟練の手管でボンドガールを口説き落とし、華麗にときには大胆冷酷に任務を遂行。仕掛け満載のボンドカー。意表ををつくアクセサリーメカ。
そんなイメージがありました。
しかし、今作「カジノロワイヤル」はボンドカーもメカもなし。お色気も少ない。
あるのは人間の生のアクションとジェームズ・ボンドの愛。
おまけに歴代ジェームズ・ボンドの中で間違いなく一番の筋肉量の持ち主です。
そのあたりも見た人の好みが別れるところかもしれません。

前評判ではいろいろ言われていましたが、私は楽しめました。
特に今回のカジノロワイヤルは、ジェームズ・ボンドが「00」の殺しのライセンスを取得して間もないころのお話。
前4作のピアース・ブロスナンが華やかな俳優だったので、少し地味に感じるかなと思っていたのですが、まだ青臭いボンドの役にダニエル・クレイグはよく合っていたと思います。
次作があるならダニエル・クレイグのボンドをもう一度見てみたいです。



[ 2007/01/12 18:50 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rinhokuto.blog60.fc2.com/tb.php/161-4d0684e8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。