スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

K-1 WORLD GP 2006 IN TOKYO 決勝戦 テレビ観戦記 

やはりK-1ヘビー級は、GP決勝戦が一番盛りあがる。
緊張感が他の大会とはまるで違って楽しめました。

まずはリザーブファイト。
ピーター・アーツが気迫溢れるファイトで、武蔵を難なくノックアウト。
アーツはここ最近のなかでは、かなりコンディションがよさそうに見えた。
ところで武蔵は一度目のダウンでカウントアウトしていたのでは……。

ジェロム・レ・バンナは最後まで攻めつづけるも、セーム・シュルトに判定負け。
グラウベ・フェイトーザはブラジリアンキックをきっかけに、動きのいいルスラン・カラエフをノックアウト。
カラエフはレフェリーストップに不満顔でしたが、フラついていたうえにファイティングポーズがとれていませんでした。

ここまで見た時点で、もしかしたら今年の決勝もセーム・シュルトとグラウベ・フェイトーザになるのではと思ったのですが、まったく予想していなかった展開になりました。 レミー・ボンヤスキーとステファン・レコの棄権により、思いがけず実現したピーター・アーツとグラウベ・フェイトーザの好カード。これはなかなか見所がありました。
まさか昇り調子のグラウベを下して決勝進出を決めるとは、さすがはピーター・アーツ。
思わず4度目の優勝を期待してしまいました。
あと、この試合のレフェリングがよかった。
お馴染みの大成レフェリーですが、ダウンから立ちあがったグラウベがファイティングポーズをとれないと見るや試合をストップ。
今までのK-1だったら続行していてもおかしくない場面でした。

シュルトに敗れたアーネスト・ホーストがついに引退するらしい。
リング上で見せた涙が印象的でした。

決勝は予想外のピーター・アーツ対セーム・シュルト。
今年一度対戦してアーツが勝っているだけに、いやでも期待は高まります。
結果はシュルトの判定勝ちでしたが、アーツの気迫がすばらしかった。
声援を送るバンナの姿が、度々画面に映っていた。やはりアーツのことを応援していたのでしょうか。
全体的に緊迫感のある試合の連続で、文字通り手に汗握る大会でした。

ところで「PRIDE 男祭り2006」はスカパーでのPPV生中継が正式決定したとか。
地上波での放送を期待していたのですが、やはり駄目でした。ちょっと残念。
[ 2006/12/03 00:28 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rinhokuto.blog60.fc2.com/tb.php/133-01a2e0d9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。