スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミニモスラ出現 

部屋にこもって仕事をしていると、嫁の呼ぶ声がした。
なにごとかとリビングを覗いてみる。
硬直している嫁の視線の先を辿ると、木の枝のようなものが落ちている。
近づいてよく見てみた。
色は茶。小指ほどの太さで長さは2.5㎝くらい。節がたくさんある。
どこからどうみても立派なイモ虫だ。ちょっとしたミニモスラ(幼虫)。
「早く捕ってー!」と叫ぶ嫁。(嫁は虫が大の苦手)
その傍らには、イモ虫に好奇心一杯でフンフン鼻を鳴らす愛犬ポチ様(仮名)。

前日に送られてきた低農薬野菜に付いてきたようだ。
段ボールが置かれている場所から発見されたリビングまで、イモ虫の大きさを考えると結構距離がある。
移動する体力にも驚かされるが、よくもまぁ、見つかったり踏んづけられたりしなかったものだ。
特にポチ様に見つかっていたら、捕食されていただろう。

そして、その数時間後……。
再び嫁の叫び声。
段ボールを開けると中に蛾がいたらしい。今度はミニモスラ(成虫)か。
昨日から今日にかけて、ちょうど羽化したのだろう。

なるほど。
低農薬というのはウソではないようだ。

スポンサーサイト
[ 2006/10/31 00:53 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

仕事状況 10/28 

今日からゲームシナリオの執筆に入ります。

小説は次回作が年内に出版される予定らしいです。
もう一本渡してある原稿もそのうち出ると思います。次回作が出てから発売月が決まるそうなので、まだ先になるでしょう。

[ 2006/10/28 03:02 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

漫画2冊 

最近読んだ漫画のなかから、オススメを紹介します。

オンライン書店ビーケーワン:働きマン 3 働きマン 3
編集者のお話です。
人はなにかを得るために仕事をします。
それはお金だったり、やりがいだったり、夢を叶えるためだったり。
仕事に求めるモノも千差万別。
職業にかかわらず、みんな頑張って働いてるんだよなぁ。
当たり前のことだけど、初心に戻れる一冊です。

同じ安野モヨコ先生の作品、「さくらん」もオススメ。
こちらは遊郭でたくましく生きる花魁のお話です。


オンライン書店ビーケーワン:お姉さまの逆襲 3 お姉さまの逆襲 3
いろんな業界の裏話てんこ盛り。
特別深く切り込んでいるわけではありませんが、テンポよく読めます。
面白いです。

[ 2006/10/26 17:26 ] オススメ | TB(0) | CM(0)

Will 薔薇のお嬢様 

著作8冊目にあたります。
気高く高慢なお嬢様が、メインヒロインです。

Will薔薇のお嬢様  Will 薔薇のお嬢様

最初は3月くらいに出版される予定だったので、その季節に合ういい題材はないかと悩みました。
そんなとき、ふと友人が大学時代、山スキー目的でペンションのバイトをしていたことを思いだしたのです。
そこで、春スキーでペンションにやってきたという設定を考えプロットを練り、最終的に舞台はお嬢様の別荘に決まりました。

しかし結局、諸事情で発売予定が延びて7月になりました。
こうなると、季節を考慮して書いたはずが、思いっきり季節外れのものになってしまいます。
あまり季節感を出し過ぎると、こういうこもあり得るのでどこまで盛り込むべきか悩みます。

美麗で激エロな鬼ノ仁先生のイラストが素晴らしい。
挿絵10枚に加えて、計12ページの漫画付きです。

[ 2006/10/25 17:34 ] 著作 | TB(0) | CM(0)

にごり酒 

最近は外で飲むことがなくなりました。
もっぱら家飲みです。

今年も、このにごり酒の時期がやって来ました。(お酒はハタチになってから)
にごり酒 五郎八 (菊水酒造)1.8L 【 季節限定品 】●米の旨味が丸ごと味わえる、人気のに...  にごり酒 五郎八 (菊水酒造)1.8L 【 季節限定品 】

濃厚で甘口。
度数は高いです。口当たりの良さにだまされて、飲み過ぎないように気をつけましょう。

買うときにラベルを見ると、表示が「リキュール」になっていた。
プリントミスかと思っていたら、酒税法改正で「清酒」から「リキュール」に変わったらしい。
味わいは変わっていないけれど、五郎八をリキュールと言われても正直ピンと来ないなぁ……。

[ 2006/10/24 15:00 ] オススメ | TB(0) | CM(0)

紅く色づく 

近所のナナカマドが紅葉しました。

ナナカマド

雪虫も飛んでいるらしいし、冬が近づいてきたなぁ。
気温もぐっと下がって、吹く風も冷たく感じます。
気分はすっかり晩秋です。
落ち葉を数えて、過ぎゆく秋を惜しみますか。

[ 2006/10/21 12:52 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

手帳 

注文していた来年の手帳が届く。

ほぼ日手帳2007
ほぼ日手帳2007

使いやすいと評判だったので買ってみた。
カバーがいろいろあって悩んだけれど、思いきって明るい色を選んでみました。
1日1ページたっぷり書き込めるので、日記代わりにもなりそうだ。
今から使うのが楽しみ。

[ 2006/10/20 10:32 ] オススメ | TB(0) | CM(0)

ところ変われば 2 

土地が変われば、同じ物でも調理法や食べ方が変わります。

今住んでいる地域では、甘い味が好まれるような気がします。
こちらに来て初めて食べた茶碗蒸しが激甘で、びっくりしたのを憶えている。

赤飯には、小豆ではなく甘納豆が入っています。淡いピンクは食紅で。
初めて見たときは驚きましたが、食べてみると意外にも美味しい。
今では甘納豆の赤飯のほうが好きです。

しかし、さらに上を行く衝撃は「納豆に砂糖」。
噛む度に砂糖がジャリジャリ。
砂糖を山盛り入れているのを見たときは、ちょっとしたカルチャーショックでした。
誰もが納豆に砂糖を入れるわけでありませんが、地元の友人に言わせると違和感はないらしい。

ところ変わると、いろんな驚きがあって楽しいです。

[ 2006/10/19 12:23 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

買えました 

探していた綺羅光プレミアムの新刊が手に入りました。
普段あまり利用しない書店に行ってみたら、思いがけず発見。期待していなかったので嬉しさもひとしお。
7巻の「狙われた女教師」はハードX版を持っていますが、「女教師M」は未読なので楽しみです。
そして待ちに待っていたのは、8巻の沙織シリーズ。
3部作のうち「沙織・恥獄の研究室」しか持っていなかったので、これで全話を通して読むことができます。

綺羅光プレミアム7 綺羅光プレミアム7    綺羅光プレミアム8 綺羅光プレミアム8


藍川京先生の本も買いました。
ふと奥付を見たら、11版。すごい……。

新妻 新妻

やっと手に入ったけど、忙しくなるので読めるのは先になりそうです。

[ 2006/10/16 22:25 ] オススメ | TB(0) | CM(0)

本屋へ行くも…… 

綺羅光プレミアムの新刊を求めて近所で唯一置いてある店に行ったのだが、残念なことに見当たらなかった。
フランス書院文庫、美少女文庫、結城彩雨文庫は近所の書店ならどこでも売っているが、ハードXノベルズや綺羅光プレミアムなどの新書サイズの本は入手するのが難しい。
自著のハードX「新妻奴隷生誕」も、本屋で見たのは一度きりだ。
通販で注文すれば済むのだが、できれば本は手に取って買いたい。
そういうわけで、足を伸ばして書店巡りをすることになりそうだ。
……で、散々書店をまわった挙げ句手に入らず、結局ネットで買うことが多いのだけれど。

[ 2006/10/15 17:40 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

おめでとう 

今日はどこに行っても、日本ハムファイターズ一色でした。
たいして野球に興味のない私でも、新庄選手が引退してしまうのは寂しく感じます。

[ 2006/10/13 22:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

へそを隠せ 

昨夜は雷がひどかった。
停電にはならなかったが、念のため早めにパソコンの電源を落として、結局そのままになってしまった。

そして今朝、パソコンを立ち上げてメールチェックをしてみると、仕事のメールが届いていた。
日付と時間を確認すると、昨夜の電源を切った後になっている。
あわてて返信。

雷鳴轟くなか、呑気に「SASUKE」なんて見ている場合じゃなかった……。
でも、7年ぶりの完全制覇おめでとう。

[ 2006/10/12 14:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

元気をもらう 

農家をやっている友人から、じゃがいも2種類とかぼちゃが届いた。
かぼちゃが立派で驚いてしまった。

かぼちゃ

その友人は大学時代から農業をやりたいと言っていた。
今は農家にとっても厳しい時代だ。
苦労もあるだろうが一歩一歩着実に自分の道を歩んでいる姿を見ていると、私も負けてはいられないという気持ちになってくる。

[ 2006/10/11 13:13 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

HERO’S 2006 ミドル&ライトヘビー級世界最強王座決定トーナメント決勝戦 テレビ観戦記 

テレビ中継がなくても話題性のあったPRIDE無差別級に較べると、HERO’Sは今ひとつ盛りあがりに欠けているように思える。
KID選手はアマレスに専念、ピークは過ぎているとはいえカリスマ的人気を誇る桜庭和志選手の休場も痛すぎた。

試合前は対戦カードのことよりも、前田日明スーパーバイザーの俳優・金子賢に対する怒りの発言がもっとも話題を集めていた。
こういうことで騒がれるのは、格闘技ファンとしては寂しい限りだ。
[ 2006/10/10 00:11 ] 格闘技 | TB(0) | CM(2)

ところ変われば 1 

テレビで方言の話をしていたのを見て、少し前ネットで「物の呼び方で出身地域がわかる」という記事を読んだことを思い出した。

絆創膏の呼び方が地域によって違うらしい。
私の場合は「絆創膏」または「バンドエイド」と呼んでいたが、嫁の住んでいた所では「リバテープ」または「カットバン」と言っていたそうだ。
その地域でシェアを占めていた絆創膏の商品名が、そのまま呼び名になったと記事に書いてあった。
今、住んでいるあたりでは「サビオ」と言う。
引っ越してきたときには戸惑ったが、もう慣れました。

そういえば、鮭のことを「秋味」と呼ぶ人もいる。
てっきり秋が旬だから秋味だと思っていたが、アイヌ語が語源だそうだ。

他にも探せばたくさんあるのだろう。

[ 2006/10/08 00:35 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

次の仕事 

ここ数日、担当氏以外の方と仕事でメールのやりとりをしている。
初めての分野なので、不安と緊張もある。
しかし、先方からの返事がとにかく早い。
やる気が伝わってくるので、自然とこちらのテンションもあがります。
頑張らないとな。

[ 2006/10/07 15:40 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

美術館 

パウル・クレー展に行ってきました。
美術館は久しぶりです。

早めに行ったので最初は空いていたのですが、あっという間に人が増えてびっくりしました。
授業の一環らしい小学生の団体が、縦横無尽に走り回っていたのが気になった。

正直、抽象画はよくわかりません。
日本画家の孫なのに、芸術的センスは欠けているようです。
ただ今回一番印象に残ったのは、「夜の花」というタイトルの絵です。
暗い色彩のなかに浮かびあがる鮮やかなブルー。
葉書に印刷された「夜の花」も見ましたが、実物とはまったく違いました。

やっぱり生で見るのと、なにかの媒体を通して見るのとでは、雲泥の差があることを実感しました。

[ 2006/10/05 15:16 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

放課後の獲物たち 保健の先生と… 

自著6作目にあたります。

放課後の獲物たち

上の画像は、新刊発売当初の帯が付いている状態です。
この帯を取るとさらにHなイラストが……。

メインヒロインは、サブタイトル通り保健の先生です。
物静かでやさしい大人の女性で、美少女文庫のなかでは比較的年齢の高い設定となっています。(姉弟相姦要素も有り)

私の作品のなかではめずらしく、一目で凌辱だとわかるタイトルです。
タイトルは編集部のほうで決めているので、私は見本を貰うまで知らないことが多いですね。

イラストは船堀斉晃先生です。
女体の色香漂う船堀先生のイラストは絶品です。
女性の表情とやわらかな曲線、多彩なアングル。エロすぎます。

[ 2006/10/04 17:12 ] 著作 | TB(0) | CM(0)

昼間のホシ 

この季節、てんとう虫をよく見かけます。
昼間なぜか、どこから入ってくるのか網戸の内側にたくさんいるんです。そして晩になると、跡形もなく消えています。
不思議だ。

[ 2006/10/02 14:09 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。